Soaring

DSC00314本公演は、CAパフォーマンスの3本柱「演奏・ダンス・フラッグ」のひとつを追求する新たな試み。

今回はダンスにフォーカスを当て、ダンス満載の2本立てステージを贈る。第1部は豪華客船を舞台に、個性豊かなキャラクターが繰り広げるドタバタ劇。

第2部はステージタイトルでもある「Soaring」(飛翔)がテーマ。何かを目指し、挫折し、そして再び立ち上がる。きっと誰もが経験したことがあるそんな情動を「ダンス」で描く。

第1部「DOTABATA SHIP」

魔神が出てくるといわれる伝説のランプを積んだ豪華客船、クレイジーシンフォニー号。出港前に乗り込んできた泥棒と水夫が宝物をめぐってパフォーマンス対決!?はてさて勝負の行方は・・・そして宝物はなんなのか!?うふふ。

第2部「Soaring」

めまぐるしく過ぎて行く毎日・・・何かを強く思っても、どう伝えたらいいのか、どう考えを落ち着けたらいいのか、わからなくなるときがあります。

言葉というのは、とても便利で、何かを伝えるためにはなくてはならないツールです。でもその言葉がなくなったとき、自分の中から湧き出すような感情を、身体で表現したら、言葉という形にとらわれないほどの大きさの何かが、うまれてくる。