18 2015/10

代表・斎藤美明より 15周年を迎えて。

おかげさまで、いよいよこの「CA」も15年を迎えました!
15年というと、高校1年生にもなってるかもしれない年月です。
振り返れば長いものです。

この間、調べ物があって日本の「失業率」についてを調べていたところ、被雇用者ではなく逆に雇用側の「企業の生存率」というデータを見つけました。
設立1年=40%
設立5年=15%
設立10年=6%
設立20年=0.3%
設立30年=0.02%
ということで、設立30年の会社はわづか0.02%。
曲線を描いてるのでしょうが、設立15年と言ったら企業生存率3%ってあたりでしょうか。

事実、企業ではありませんが、自分たちが旗揚げした頃の劇団さんたちは、多く過去の解散をされていきました。
自分たちの周囲では、役者をやめて、カタギ(会社員)の道に入ったり、団がなぁなぁとなりボンヤリと活動が終了していくのを見届けてきたと言えます。

それでも、この団体は15年間続けています。
未だにいろいろなところから声がかけられて披露する機会も頂いてます。

この団体の価値というのは、まだまだあると思っていますが、そのひとつひとつは、メンバーがやってみたいと思った素朴な挑戦が種になります。価値がそうやってメンバーそれぞれでつけられるように。今後共引き出せてあげることを考えていきたいと思います。

15年あった事実は、翻って、その価値の証明です。
今後も日々鍛錬を怠らず、新しい発見を楽しみ、お客さんとともに楽しめる舞台を目指したいと思います。

つぎの5年、10年もCAといることで楽しめることをできればと思います。
今後ともよろしくお願いします。

代表・演出 齋藤美明

このページの先頭へ