07 2010/06

ワークショップ終了報告 代表・斎藤美明より

2010年6月ワークショップ
ワークショップ参加のみなさん、お疲れ様でした。
今回のワークショップは、ここ最近のワークショップでは取り扱っていなかった「リストランテアンジェーロ」を題材にして行いました。
CAの原点ともいえるリストランテアンジェーロを参加者と作っていく中で、改めてCAの団体というものを考えることが出来ました。
CAが持っている創作の技法というのは、複数ジャンルを同時にこなしていく、というのが、ひとつの軸ではあるのですが、結果として、何を表現したいのか、ということを主眼に置けば、そのステージに参加している人間たちの生き様を感じてもらうことに他なりません。
「生き様を感じさせる」って、すごい大層なことに感じますけれど、けど、こういったワークショップの過程をたどっていくと、最後に観客の元に届けられるのは、その「生き様」っていう熱量なんだというシンプルな答えに行き着きます。
そして、自分が一番お客さんたちに伝えたいのは、その「生き様の熱量」=「生命感」なのだと自分自身の気づきにもなりました。
今回のワークショップという「ステージ」でも、それを実感することが出来たのは、参加してくれたひとりひとりの力だったのだろうと思います。
こういった創ることってハードル高そうなんだけど、そんなことないんですね。
また、次の機会に是非一緒に創作を楽しみましょう!

   2010年6月7日 
   the CRAZY ANGEL COMPANY 
   代表・演出 斎藤美明

このページの先頭へ